2005年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

2005.08.01 (Mon)

蜂に刺されたけど、英語でなんていったらいいの?

今日、家に帰ると「子供が蜂にさされた~」と父母(じじ・ばば)に聞かされました。子供はたいしたことなかったのですが、「蜂にさされる」って聞いてこれをパッと英語で表現するのって難しいですよね。正直、海外で生活していたときに蜂にさされたことなどなかったので(^^;

夏になって蚊はよく出てきます。ニューヨーク近郊に住んでいたときは西ナイル熱(West Nile Virus)の感染源が蚊だったこともあり、蚊が刺すというのはよく耳にしました。家でも

mosquito bite

といった表現で使っていたのですが、蜂が刺すというのは bite (噛む)じゃないしなぁ、、、と。子供もbiteではないというのはわかるらしく、biteではないと言ってたようで、、、親として申し訳ないというか、、、TOIECでどんなに高得点でもこんなものです。

本当は「sting」という単語があるわけで、とっさに出てこないのが辛いですね。

A bee stings.
I was stung by a bee.

このように使います。そういえばどこかのボクサーが

Float like a butterfly, sting like a bee.

こんなことを言ってましたね(^^;
スポンサーサイト

テーマ : 日常英会話 - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  15:44  |  バイリンガル育児の記録  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。