FC2ブログ
2006年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2006.11.12 (Sun)

時期を得た?「時宜を得た」か。。。

以前も、正しい日本語の話のことを書きました。

「的を射る」か「的を得る」か。

慣用句などになると、本当に慣用的にどちらを使うことになるのか
ということにも深くかかわると思いますし、時代によって言葉も
変わっていくので、言葉の正しさというのは本当に難しいです。

最近、ウェブの情報をふらふらと見ていて、ちょっと気になったのが

時期を得た

正しいかどうかは議論があるところかも知れませんが、

時宜を得た

気になったので、Googleでどちらが多いか早速チェックしてみました。「時宜を得た」は12800件。一方「時期を得た」が9280件。圧勝ではないにしろ「時宜を得た」が優勢なわけですが、この言葉も次第に時期を得た派が増えていくような気がします。

ちなみに、「時宜」とは

(1)その時・場合にふさわしいこと。また、ちょうどよい時期。
「―にかなった処置」「及ばずながら、力にならうし、又―によつたら、意見をも述べやう/当世書生気質(逍遥)」
(2)時にかなった挨拶(あいさつ)をすること。辞儀。時儀。
「べつたり坐つて―を述べる/二人女房(紅葉)」
by 三省堂提供「大辞林 第二版」


10年後にはどうなっているか、またチェックしてみたいですね。
スポンサーサイト

テーマ : 日本語教育/異文化コミュニケーション - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  23:11  |  日本語を考える  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道
 | BLOGTOP |