FC2ブログ
2006年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2006.11.21 (Tue)

バイリンガル教育と日本語の関係

バイリンガル教育をしていると、気になるのは英語だけではありません。やはり日本語も気になります。というよりも、日本語の方が気になったりします。

自分の子どもの日本語だけでなく、最近使われている日本語、乱れていると言われている日本語、新聞で日本語に関する記事を見るとやはり目(耳)が自然と行くようになります。

日本語ブームなんていわれて、NHKでも日本語をテーマにした教育番組がたくさん作られているようですが、今日はネットで面白いサイトを見つけました。

■Web日本語(小学館国語辞典編集部)
http://www.web-nihongo.com/

コラムなどもあって、なかなか読み応えのあるサイトでした。

語学教育のもう一つの狙いは、やはり、自国をより深く、かつ、客観的に見つめることができるようになるということでしょうか。英語を話すだけが国際化ではなく、自国のいいところや悪いところを見つめなおし、それを自信を持って語ることができて、初めて真の国際人になれるのかと思います。

そういえば、福井県では、そんな試みを岡倉天心という素材を使ってはじめて行くようで、今後、どのようになっていくか追いかけてみたいものです。

※岡倉天心は福井にゆかりのある美術家です。ボストン美術館にいたころ、「The Book of Tea」というお茶に関する英語の本を出版し、アメリカ人にお茶のすばらしさを説いたことで有名です。詳しくは、Google検索で。岡倉天心
スポンサーサイト



テーマ : 教育 - ジャンル : 学校・教育

タグ : バイリンガル 英語 福井

EDIT  |  23:53  |  英語学習に関するいろいろ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道
 | BLOGTOP |