FC2ブログ
2006年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2006.12.03 (Sun)

子供と二人で池田でコンニャクづくり

昨年から参加している福井県池田町の農村力デザイン大学ですが、12月期になんと子供と参加してきました。午前中は用事があっていそがしかったのと、子供にとっても座学は無理だということもあり、午後の実習から参加。

案内のカリキュラムはたくあん作りだったのですが、コンニャク作りに変更になっていました。

会場はちょっと遠くて、池田でも更に南の方(魚見だったかな?)。ここに「こんにゃく道場」という施設があります。ちょっと遅れてついたのですが、隣の木工のアトリエ前で記念撮影。
熊といっしょに記念撮影


すぐに建物にはいりました。子供と参加ということを事前に伝えてなかったのですが、皆さん暖かくむかえてくれて子供も大喜び。でも、ちょっとご迷惑だったでしょうか。バイリンガルで子育てしていることは皆さんにお話していたので、英語で話していてもそれほど驚かれず、むしろ子供の流暢な福井弁に圧倒されてました(?)

私もコンニャク作りを見るのは初めてです。わかってはいるのですが、コンニャクが芋からできているということを改めて再認識しました。
下の写真のコンニャク芋が、、、
コンニャク

↓一生懸命コネコネ・・・粘土で遊んでるかんじでしょうか?
コンニャクを練ってます。

↓十分に練りあがったものを型に詰め込みます。
コンニャク

このとき空気がなるべく入らないように。手でスムーズにして形を整えます。↓
コンニャク

↓型から上手に抜いて水につけたものを茹で上げると・・・
コンニャク

↓は越前そばではありません。コンニャクです。生姜醤油で食べましたがとってもいいお味!
コンニャク


その後、市販されているコンニャク栽培の実態などのお話が・・・実際にそのように作られているコンニャクが健康食品なのか、という議論にもなりますが、群馬から参加されている方もいて、説得力が増します。

■ファームハウス・コムニタで囲炉裏(いろり)発見
コムニタは一度子供をつれてきたかったのです。囲炉裏があるので、子供に見せてやりたかったのですが、囲炉裏を説明するのが難しかったですね。

「fireplace」や「hearth」という言葉もありますが、微妙に違う気がしますし。コムニタの囲炉裏


このコムニタが農村力デザイン大学の宿泊所になっているのですが、いろんな体験学習もできるので、また、子供をつれて来たいと思ってます。食育という言葉が流行っていますが、こういうように体験できると、子供も食について理解が深まるのかもしれません。

コムニタ


ですが、それ以上に、最近子供と一緒の時間がなかっただけに貴重な休日でした。(本当はとまりたかったんだけどなぁ、、、)
スポンサーサイト

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

タグ : 福井 英語 バイリンガル コンニャク 囲炉裏 食育

EDIT  |  00:18  |  農村力デザイン大学  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道
 | BLOGTOP |