FC2ブログ
2006年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2006.12.10 (Sun)

JALTに参加。アジア各国の英語事情は?

今日は朝から仕事に出ていたのですが、午後からはJALTという「全国語学教育学会」の福井支部の集まりに参加しました。

ま~(妻)が会員なので、いっしょに参加したことはあったのですが、今日は支部長さんの英会話スクールで集まった後に、Year end partyということでお食事をしてきました。

セミナーの方は、福井大学で学んでいる中国人、バングラデシュ人、ラオス人、ミャンマー人の方々に、母国での英語教育について語っていただき、討論をするというもの。

印象的だったのは、バングラデシュでは私立では英語で授業がされるということ。また、子供のアニメなども翻訳されていなくて、ほとんど英語のものが多く、学校の外では英語は使わないけど、わかる人が多いということ。

これ自身については、いいとか悪いとかは思わないのですが、以前もかいたように、セミリンガル(ダブルリミテッド・バイリンガル)の問題などが起きていないか心配でした。まぁ、それ以上に教育格差が激しいので、それ以前に解決すべき問題はたくさんありそうです。

また、中国での受験の過熱ぶりを説明してくれたことも非常に興味深かったですね。

このJALTという組織、全国的にはかなり大きな組織なのですが、参加するたびに思うのは、残念なのですが、公立学校の先生やALTなどが(ほとんど)いないこと。確かに学校の先生は忙しいのだとは思うのですが、こういうところに参加していろんな刺激や研鑽をしてほしいと思ってしまうのは私の勝手なのでしょうか?

また、ALTについても、せっかく日本に英語を教えたり文化交流をしにきているのならば、こういうところに参加して、教えることについての情報交換もして欲しいと思ってしまいます。(30万円も月給をもらっているのですから・・・)

会員でもない私が言うことではないのかもしれませんが、少し残念ですね、、、

ただ、会に参加されているプライベートスクールの先生方は本当に熱心で、頭が下がります。このような学会が福井にあるのも、このような方々の努力の賜物なんだと思いました。また機会があればぜひ参加したいですね。

スポンサーサイト

テーマ :  英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

タグ : 英語 福井 日本語 先生

EDIT  |  23:39  |  英語学習に関するいろいろ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道
 | BLOGTOP |