FC2ブログ
2007年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2007.05.12 (Sat)

福井の情報が世界に!結婚相談事業がロイターで全世界に配信されました

福井県といえば、全国で最も知名度の低い県として、その名前が出てこないくらいマイナーなのですが(以前、小学館のアンケートで小学生から名前が出なかった県としてワーストに選ばれた経緯があります。)、4月上旬に福井に関する記事がロイター通信を通して、全世界に流れました。

その内容は「結婚相談事業」。

福井県は平成18年度の合計特殊出生率(速報値)が全国で唯一上昇した県で、出生率そのものもダントツ高い沖縄についで2位となっています。この唯一というのはかなりインパクトがあったらしく、お隣の韓国やドイツ、イギリスなどのマスコミ福井県入りして取材をしたといいます。

中でも、一番インパクトがあったのはロイター。3月に、婦人福祉協議会で実施している結婚相談事業について取材を行い、「In baby-scarce Japan, marriage is delivered to door」というタイトルで、全世界に配信され、ワシントンポストなどに掲載されました。

4月にはドイツのテレビ局まで来て、テレビ局の取材の様子をNHKが取材するという滑稽な様子が放映されてましたが…。いずれにせよ、明るい話題で福井が世界に知られるのはいいことだと思います。福井の名前が世界に出て行くのは、「原発事故」や「ナホトカの重油事故」、「拉致問題」など、何かと暗いイメージのことばかりだったので。

ちなみに、ADRドイツテレビの東京支局プロデューサーの方が、「何十年も取り組んだ基盤があるからできることで、他県がまねをしようと思っても即席でできる活動ではない」と、結婚相談事業を評価していました。

とても共感したのは「何十年も取り組んだ基盤があるから…」という部分。

最近、なにかとマニフェストだ、なんだ、とプラスの結果は政治家の数値目標の手柄みたいに言われてしまいがちですが、出生率の上昇は3~4年取り組んだくらいでは上昇したりしません。「何十年も取り組んできた基盤」、こういう長期的視点にたった地道な努力があることを謙虚に受け止めなければならないと思います。

と言うことで、皆さんも、ぜひ、ロイターの配信された記事を読んでみてください!!
http://www.reuters.com/article/worldNews/idUST20300320070411

(といっても英語なので、へたくそながら、簡単な翻訳をつけてみました。正確ではないので、引用はしないでくださいね。引用の引用になりますし。:ということで、続きを読んでみてください)
スポンサーサイト



テーマ : 結婚への道 - ジャンル : 結婚・家庭生活

タグ : 福井 子育て 結婚 ロイター マスコミ 少子 仕事 家庭 マニフェスト

EDIT  |  01:18  |  お父さんの独り言  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道
 | BLOGTOP |