2007年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

2007.06.25 (Mon)

JALT福井:吉田研作先生の講演会に参加!

6月24日日曜日にJALT(全国語学教育学会)の福井支部が主催する講演会に参加してきました。(こちらからも講演会の詳細をご覧いただけます。

ゲストスピーカーはNHKテレビ英語講座等でも著名な吉田研作先生です(上智大学の先生です)。日本の英語教育の第一人者、しかもテレビ等でも活躍されている方の講演が福井で聞けるとあって、楽しみでした!

当日は梅雨入りしたばかりの福井とあって、雨が降っていましたが、会場は大勢の参加者。ここ1年ほどこのJALTの講演会に参加していますが、正直、こんなにたくさんの人が参加する回は初めてですね(^^;

先生の紹介から講演がスタート(下の写真)
jalt06_1.jpg


「International English as a Performance Phenomenon」と題して、真の国際語としての英語のあり方についての興味深い講演を聴くことができました。
jalt06_2.jpg


皆熱心に聞き入ってます。
jalt06_3.jpg


講演後には参加者からの熱心な質問が。ん、、、自分も色々と質問しとけばよかったかなぁ。。。
jalt06_4.jpg


私はNHKのテレビ英会話を見ていませんでしたが、とても素敵な先生でしたので、「見ておけばよかった・・・」と思いました(^^;
私の妻は先生の大ファンらしいですが。。。



あと、教育問題について思うことをいろいろと。

今の政治の話題は教育。日本の教育が大きく取り上げられ、変革を求められていますが、その中には英語教育も含まれています。英語教育については、いろんな方々が様々な意見を主張され、毎日新聞をにぎわせていますが、国際語としての英語の意義というものを深く考えさせられる非常に有益な講演でした。

国際化が進み、英語の必要性が高まってくる中、日本の学校制度の中で教えられている英語が、本当に使える英語になる日というのは来るのだろうか?と考えてしまいます。

また、新聞等で小学校への英語導入について賛否を論じている方々の論点がお互いに向き合っているかというと微妙に違う気もしています。今後の英語教育も含めた教育全般が政治に任せておけない以上、「実践あるのみ!」と行動に移すべきは親である私たちの役目でもあり、期待すべきは地方でがんばるプライベートスクールか、、、とも思ってしまいます。

教育問題は奥が深いですね。。。
スポンサーサイト

テーマ :  英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

タグ : 英語 福井 日本語 NHK JALT 吉田研作 上智 英会話

EDIT  |  00:47  |  バイリンガル育児の記録  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

2007.06.20 (Wed)

勝山市は世界で衛生的な都市?

しばらく忙しくて、すっかりブログをサボってしまいましたが・・・再開です。継続するのは難しいですが、やめてしまうのは簡単です。継続することの難しさを再認識・・・

で、その間、いろいろと書きたいことがあったのですが、前回、福井のニュースが世界に!シリーズだったので、その最後ということで、「勝山市」が衛生的な都市ランキング世界9位というニュースです。

実は、これ、4月ごろに見つけていて、書かないと・・・と思っていたのですが、そうしている間に、勝山に来ているALTが見つけて5月上旬に記事になってました。(間違った記事の出方をしてましたけど・・・)



実際はこうです。

世界最大の人事コンサルティング会社「マーサー(Mercer)」が毎年行っている「World-wide quality of living survey」の一環で、その調査項目の中の一つを特集して公開したのが2007年はたまたま衛生(Sanitation)だったということ。

そして、その衛生都市ランキングの9位に、なんと福井県の3万人に満たない勝山市がランクインしていること。レポートにも、「Katsuyama」の文字。実際にマーサーの日本支社に電話して「福井県の勝山市ですか?」って確認しちゃいました(笑)

とりあえず、衛生部門のトップ10を上げると・・・
9位に「勝山市」があります。



1 CALGARY(Canada)131.7
2 HONOLULU, HI(United States) 130.3
3 HELSINKI(Finland)128.5
4 OTTAWA(Canada)127.2
5 MINNEAPOLIS, MN(United States)125.7
6 OSLO(Norway)125
6 STOCKHOLM(Sweden)125
6 ZURICH(Switzerland)125
9 KATSUYAMA(Japan)123.8
10 BERN(Switzerland)123.7



名だたる都市の中に、なぜか勝山市。

福井のローカル新聞で紹介されたときも、そのあたりの詳細が欠けていたと思うのですが、このランキング、単なる衛生的な都市のランキングではありません。原文(英語)を読むとわかると思いますが、海外駐在等を命じられた海外駐在員に支払う手当てを考える場合の参考資料となるもの。

ニューヨーク市を100として点数付けをして、ランクが高い都市は住みやすいので安い手当て、ランクが低い都市は住みにくいので高い手当て、といったような指標のために使うんです。調査会社も人事コンサル会社ですしね(外資系ですが)。

で、なぜ、名だたる都市の中に勝山市が出てくるかというからくりですが、私の勝手な推測では、勝山にはもともと北陸製薬という一部上場会社があり、これが数年前に外資系製薬会社に買収されています。そのため、大勢の外国人が勝山に来ているわけですが、この外資系製薬会社の存在が勝山市という地方都市をマーサー(人事コンサル)のリストに載せる原因になっていると思うのです。

ですから、マーサーが調査対象とした外資系の会社がない地域はどんなにがんばってもこの調査結果には現れないということになります。

ですが、この調査結果は世界の各国の新聞にも取り上げられたようですし、福井の名前が立て続けに世界に!というのは変わりないのかもしれません。

調査結果はこちらから!
http://www.mercerhr.com/referencecontent.jhtml?idContent=1128060

テーマ : 北陸の温泉 - ジャンル : 地域情報

タグ : 福井 勝山 英語

EDIT  |  00:17  |  お父さんの独り言  |  TB(1)  |  CM(2)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。