FC2ブログ
2007年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2007.07.05 (Thu)

リバイスしといてって・・・氾濫するカタカナ。ん、、、どこまでが日本語?英語?

以前、IT系の仕事をしていたとき、システムの開発なんかの打ち合わせをするわけですが、気になることがありました。

カタカナの多さ。

IT関連の仕事というのは、どうしても新しい分野かつ海外が先進地であるため、カタカナ語が多いのは否めません。ですが、ここまで?と思うような表現があるのも事実です。

例えば、、、

「御社のミッションクリティカルな業務を、ぜひわが社のソリューションで!」というのは某大手のN●Cさんだったりしましたが、このソリューションに最初は「?!」の状態でした。

でも、それ以前にミッションクリティカルって何だ?映画にでもありそうな(^^;

【とりあえず用語解説】
ミッションクリティカル:おそらく会社での基幹系業務のことをさす。会計システムとか顧客管理とかPOSとかを制御している中心的なシステムをそのものを指す場合もあるみたいです。(この日本語も専門的か、、、)

ソリューション:上記のミッションクリティカルな業務についての問題点を一気に解決してくれるようなすばらしいシステムまたはシステムベンダーからの提案。本来はソリューションって「解決」という意味ですが、商品としてIT業界ではこう使うみたいです。




それ以外にも、

「頂いたご意見は社内ですぐにエスカレーションさせていただき、、、」

ん??「エスカレーション?」

【とりあえず用語解説】
エスカレーション:おそらく社内で上司に持ち上げて情報共有することを言っているようでしたが、こればかりは謎でした。

このように、IT用語とは全く関係ない部分でカタカナ語が頻発します。長嶋さんが話しているような感じというと私の年代ならわかるのでしょうか?(今の10代はわかるのかな?)



今の職場でもカタカナが氾濫気味でちょっと疲れてしまいます(^^;

「案件」のことを「マター」といったり、「ショートノーティスですが、、、」とメールが来たり、、、。先日もつい反応してしまったのが

「この●●マターの件だけど、もう少しバイラテラルなものにならないと。このプロジェクトじゃダメだ。ドキュメントの最初の部分をリバイスしといて。全体としてもう少しリファービッシュが必要だね。」

ん、、、何語を話しているんだか。

【上を普通の日本語にすると、、、(多分)】
「この●●担当の案件だけれど、もう少し相互的なものにならないと。この計画じゃだめだ。計画書の最初の部分を修正しといて。全体としてもう少し仕立て直しが必要だね。」ということが言いたかったのでしょうね(多分)。



自分は海外で暮らしてましたが、日本語話すときは基本的にカタカナはほとんど入りません。というよりも、そんな器用なしゃべり方ができません(笑)。習慣て恐ろしいなぁ、、、と感じますね。

ただ、個人的に1つだけ受け付けないカタカナがあります。

先ほどもあった「リバイス

最初は意味不明だったのですが、「REVISE」のことらしく、修正しろというのはわかるのですが、英語で発音すると「リバイ」って濁るのが普通だと思うのです。

誰が使い出したのか、ネットで調べてみると「リバイス」という表現は良く使われているみたいで、Googleで18600件もヒットしました。

濁らない発音ってあるんですか?英語が詳しい方、教えてくださいませ。というよりも、日本語として受け入れなければいけない段階に来ているのでしょうか(笑)
スポンサーサイト



テーマ :  英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

タグ : 英語 日本語 カタカナ

EDIT  |  00:47  |  日本語を考える  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道
 | BLOGTOP |