FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

2007.02.11 (Sun)

NHKインドの衝撃を見て。日本はもう技術大国ではなくなりつつあります

考える力

自分が最も大事だと思うことの一つ。

最近、教育が国会の焦点になっていますが、私は、ゆとりにしろ詰め込みにしろ、根本的に目指す方向がないような気がしています。

今日NHKのインドの衝撃という番組(たぶん再放送)を見て、衝撃ではないにしろ、改めて日本の教育がいかに立ち遅れてきたかを感じました。インド政府が力をいれている大学IITの話題や小学校での数学教育の様子。

インドの小学校でのある風景。
こどもたちはペンもノートも持ちません。先生は黒板にまずしたの計算をさせます。

3×3=9

簡単ですよね?
次に、
33×33=1089
333×333=110889
3333×3333=11108889



何か規則性が見えてきませんか?

そう、桁が増えていきますが、答えは増えるたびに1の前に1を、8の前に8をつけていくだけです。子供たちはこの規則性を見つけ出すと、今度は同じような規則がないか、他の掛け算でも探し出します。

こどもたちは、数学にはこのような発見があって楽しいといいます。日本の子供たちに同じ質問をしたらどうでしょうか?

私も数学が好きでした。その訳は数学に発見があり感動があるから。え、なぜ?という驚きがあるからです。うちの子供はまだ5歳ですが、こんな感動を今の学校の授業で受けることができるのか、、、と思うと正直否定的にならざるを得ません。

今、国会を初め行政では教育のあり方が検討されていますが、それが本当に実効性を持つかどうか。

もう少し見守る必要がありそうですね。
スポンサーサイト

テーマ : 子供の教育 - ジャンル : 学校・教育

タグ : 英語 福井 バイリンガル 日本語 インド NHK

EDIT  |  23:58  |  日本の教育を考える  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。