2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

2007.02.13 (Tue)

外国人は金髪で目が青色?って誰が決めたの?

昨日の新聞各紙に小さかったですが、山梨県の国際交流協会が県内の英会話学校からの講師募集のチラシで「blonde hair and blue or green eyes」な外国人を募集していたという記事が載っていました。

外国人=金髪の青い瞳」という「国際感覚」はまだまだ根強いことを感じました。山梨県という県レベルの国際交流協会でさえこんな状態です(むしろ、県レベルの協会だからこうなのか?)。実際、その講師募集のチラシを出した英会話学校も「ニーズがそうだから」という返答だったとのことですが、日本人国際感覚がどういうものなのかが残念ですが見て取れてしまいます。

これだけ世界が狭くなり、日本人が海外に進出(旅行でも仕事でも)する時代になっても、教育の現場ではこのような価値観で英語や海外や外国人がイメージされている、または、教えられていくと思うと残念でなりません。

英語の先生=白人」というイメージはどうやったらなくなるのでしょうね。

参考:この件について、まとめているサイトを見つけたので、リンクしておきます。
http://www.debito.org/index.php/?p=92
スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

タグ : 英語 山梨 国際 日本人 外国人

EDIT  |  23:53  |  日本の教育を考える  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。