2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

2007.02.16 (Fri)

What's her social security number?

What's her social security number?

今日、妻とDVDを見ました。「Mr.&Mrs.Smith」という映画で、結婚した夫婦が実は敵対する暗殺組織の一員で、それがバレてお互い殺し合いが始まる、、、という内容的には一風コメディーとも思えるお気楽に見れる映画でした。ブラッド・ピットが出てます。

その中の夫婦の会話で、

夫「実は再婚なんだ」
妻「彼女の名前はなんていうのよ」
夫「言わない、殺すなよ」
(正確に覚えていないのでこんなかんじ、、、)


というやり取りがあるのですが、ここの「彼女の名前はなんていうのよ?」という部分、実際は「What's her social security number?」って言ってます。このSocial Security Number。日本でいう住民基本台帳番号ですね。日本では国民総背番号制度だとかいってマスコミでかなりたたかれていますが、アメリカでは既に導入済み。この番号を持っていないととても不便な生活を強いられます。
こちらを参考にどうぞ。)

だから、日本とは逆で、移民や留学生たちはみんなこの番号を欲しがるのですが、当然、一人1番号なので、名前なんかよりこの番号の方が個人を識別するIDとしてはアメリカ社会の中では重要なわけです。

アメリカは戸籍みたいな制度もないので、ますますこの番号が重要で、暗殺者である妻がソーシャルセキュリティー番号を聞きだしたいということの意味がそういうところに現れているのですが、訳されてしまうと「彼女の名前はなんなの?」というところに文化や社会制度の違いというのを感じます。でも、これが様々な言語を学ぶ楽しさなのかもしれません。

これ以外にもいろんな意訳が洋画の場合あるので、そういうのを探しながら映画を見るのもまた違った面白さがあるかも知れませんね。

スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★ - ジャンル : 映画

タグ : social security 英語 映画 セリフ ソーシャルセキュリティ

EDIT  |  23:37  |  なるほど英語表現  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

*Comment

★確かに確かに

こんにちは!確かに映画を見るって言葉だけじゃなく、文化背景やポップカルチャーなどが分かっているとより楽しいですよね。私はこの映画観た事ないのですが、他の映画でも字幕を見ていると、????どうして???て思う訳があるけど、日本語だとその文化が分かってない場合どうしてもその訳でしか当てはまれないものってありますよね。そう言う意味でももっと日本の英語も英語だけを学ぶのではなく国の文化なども学んでいければいいですよね♪
はな |  2007.02.17(Sat) 08:10 |  URL |  【コメント編集】

はなさん、コメントありがとうございます。

映画とかみるときには、やはりその国の文化とか背景とかをよく理解していないと面白さが半減してしまうことがあります。翻訳家をされている方々は、こういう面白さを母国語に上手に変換していくわけで、凄いスキルだと思います。

語学を学ぶというのはやはり文化を学ぶ側面もあるような気がしますよね。
だ~@バイリンガル子育て中 |  2007.02.18(Sun) 23:27 |  URL |  【コメント編集】

★こんばんは☆

日本人にはちょっと抵抗ある番号制ですね。
でも、本当に異文化の違いって面白いですね。
私には、洋画を見ててもそんなこと気づきませんが・・・。
だ~さんはすごいですね。
子供と英語がんばるぞ! |  2007.02.18(Sun) 23:34 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは。
日本人には抵抗があるのですが、アメリカでは皆この番号を欲しがっていました。このあたりは国の社会制度の違いなんでしょうね。

気がついたのはたまたまです。この映画、他にも色々と意訳されてしまっている部分があるのですが、ちょっとここではかけません(^^;
まあまあ面白かった映画なので時間があればぜひ。
だ~@バイリンガル子育て中 |  2007.02.18(Sun) 23:56 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。