FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

2004.08.19 (Thu)

外でお話するときは・・・医者でも大変でした。

最近よく楽天の方のコミュニティーにお邪魔してます。ここはライブドアなんですがね、、、(今はFC2に引っ越しました)

以前にも紹介しましたが、楽天の方に子供の英語教育に関するフォーラムみたいなのがあって、そこで大勢の方のBlogの新着を読むことができます。こうやって気になった記事を引用してトラックバックしているのですが、今日気になったこと・・・


少し前に1歳半検診があって、「ママやパパ、わんわんなど意味のある言葉をいいますか?」という質問があった。
ママ、パパ・・・といくつか単語を発するので、「はい。」と答えたら、「何語くらい?」という新たな質問。うーん、5~10語くらいかなあ~、と思ってそう答えていた。


我が家にもこういう時代ってあったなぁ、、、と思いました。うちの子供は大の医者嫌い。see a doctorを聞いたとたんに拒絶反応です(^^;今は3歳になりましたが、ちょうど上の記事の子と同じ1歳半のころ、カゼで小児科に行き、無理やり手足を押さえられて薬を飲まされたとき、、、「No!!!No!!!」の連呼。医者が唖然・・・だったのを思い出します。

外出してもスーパーでも、公園でも、英語を話し続け、、、最近はやっと慣れてきました。それでも最初は一方的に親が子供に英語で話しかけるだけです。今ではコミュニケーションという感じになりましたが、、、

なかなか最初が大変だったのを思い出しました。
スポンサーサイト

テーマ : 日常英会話 - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  15:54  |  バイリンガル育児の記録  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。