2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

2007.07.22 (Sun)

TV or Not TV?

土曜日の夕方、息子はばあちゃんとお出かけしてしまったので、久しぶりに、ま~(妻)のレッスンに参加することにしました。


■こんな教室です。(http://www.fukuiweb.com/eigo/
english_school.jpg


土曜日の夜は、大人のレッスン。結構英語の上手な方が来てるんですよね、、、なので、ちょっとだけ緊張です(笑)

で、今日のメインのトピックは

TV or Not TV?

ん、、?このフレーズ、英語圏に長く住んでいた方ならピンときたはず。シェークスピアの有名な「生きるべきか死ぬべきかそれが問題だ」という英語のフレーズ:

To be or not to be, that is the question.

これを模したものだと思います。

実際、英語圏の新聞の見出しなどにはこのような文学作品の中の代表的な表現が良く使われます。その言葉に似せたフレーズをかぶせることで、その物語そのものと、書かれた記事の結末の類似性などをシニカルに表現したり、比喩的にタイトルだけで中身を想像させたりするのに利用します。

その中でも、一番好まれて使われるフレーズが、この「To be or not to be」だと思いますが、今回のテレビの表現は韻の踏み方といい、トピックの内容といい、ベストなタイトルで、思わず「おぉ、、、」と感心してしまいました。

で、トピックの中身はというと、まぁタイトルで想像できると思いますが、テレビを見るべきか、見ないべきか、、、

日常生活にあふれているテレビで、私たちの生活の一部になっていますが、テレビの及ぼす良い面、悪い面で意見を交わすというものです。

そう言えば、仕事が忙しく、最近はテレビをあまりみていない気がします。ダラダラとテレビを見るのは実は好きだったりするのですが・・・
スポンサーサイト

テーマ :  英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

タグ : 英語 テレビ シェークスピア

EDIT  |  11:57  |  なるほど英語表現  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。