2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

2007.08.15 (Wed)

英語のニックネームと個人のアイデンティティーの関係

あだ名ニックネームって親しい間とかだと使いますよね。日本だと、名前の一部に「ちゃん」「くん」「さん」などをつけたりします。例えば、山田さんなら「山ちゃん」、鈴木さんなら「スーさん」とか。

これ以外にも、いい意味でも悪い意味でも、その人の特徴を捕らえた様々なニックネームあだ名が使われたりしますが、あまり外国人の名前になることはないと思います。

例えば、先ほどの山田さんを「マイケル」とか、鈴木さんを「キャサリン」とか・・・

日本でこんなニックネームで呼び合ったら「頭大丈夫?」なんて笑われてしまいそうですが、アジアの国々では事情がちょっと違うようです。アメリカに住んでいたとき、アジア人(韓国人や台湾人、中国人の一部)の多くが英語名を名乗っていました。

本名かと言えばそうでもなく、クリスチャンネームでもない。聞くと、中学校の時から「ポール」だったり「マイケル」だったり、気に入らないと自分で変えたとのこと。学校でも通称で通しているので、なんとなく違和感がないわけでもありませんが、、、公式な書類では正式名称を使ってます。

国によって事情は色々らしく、台湾人の友人は、学校で英語を習ったときに、英語の先生に英語の名前をつけるようにいわれたとのこと。韓国も同様だったと思います。中国人の友人は名前が覚えてもらえないから、または上手に発音してもらえないから。

英語を話すなら名前も英語に・・・という発想みたいでしたが、自分にはちょと受け入れられませんでした。やはり名前は自分のアイデンティティー。名前を変えると自分を変えているようで、、、今はやりのアバターとかセカンドライフとかであれば楽しいのかもしれませんね。

そんなことを考えていたら、先月末に朝日コムにタイあだ名の話題が記事になっていました。やはり、タイでも外来語に起因したあだ名が増えているとのこと。その外来語に日本語もあって、おかしかったのですが、一休さんからとった「イッキュウ」なんていうのもあります。

アメリカ人からすると、アジア人の英語名って「イッキュウ」のように聞こえているのでしょうか?そう思うと楽しくなりますね(^^;

【More】

Asahi.com

あだ名英語じゃなくタイ語で タイ政府が奨励策
2007年07月29日07時47分

あだ名は「ベッカム」や「ジョージ」より、タイ語のレック(小さい)やマイ(新しい)にしませんか――。タイ文化省が、タイ語のあだ名の奨励に乗り出すことを決めた。子どもに英語あだ名を付ける親たちが急増し、このままでは「伝統が壊れる」との危機感からだ。年末までにタイ語のあだ名を解説した要覧をつくり、その魅力を訴える。

 タイでは、親が子どもに本名以外にあだ名を付け、大人になっても家族や友人、会社の同僚などの間ではあだ名で呼び合うのが一般的だ。

 文化省が今年6月、東北部のコンケン県で約3000人を対象にあだ名を調査したところ、約46%にボール、オイルといった英語名が付いていた。しかも、英語の割合は年齢が下がるに連れて急増していた。

 同省では、外国の映画やテレビ番組などを通じて英語が身近になったのに加え、歌手やスポーツ選手に英語のあだ名を持つ人が多いことが影響していると分析する。

 例えば人気男性歌手トンチャイはバード、男子テニスのパラドーン選手はボール、アテネ五輪女子テコンドーで銅メダルを取ったヤオワパ選手はビュー。新聞の見出しには本名ではなく、あだ名が躍ることも多い。

 よく報道される外国人の名を「響きがいい」と拝借するケースや、英語のほかにも日本のアニメ「一休さん」からとったイッキュウなど、タイ語以外のあだ名は着実に増えているという。

 一方、よくあるタイ語のあだ名はトゥッカター(人形)、プロイ(宝石)、ノック(鳥)など。文化省がつくる要覧では様々なあだ名とその意味を紹介し、親が誇りを持てるようにしたいという。

 担当者は「年を取ってからも似合うのはタイ語のあだ名。親御さんにはよく考えてもらいたい」と話している。

スポンサーサイト

タグ : 英語 タイ あだ名 ニックネーム アジア アメリカ 台湾 韓国 セカンドライフ

EDIT  |  20:30  |  日本語を考える  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

*Comment

★日本語を考える

ここNZでも中国系の人にはエミリーとかジョンとか英語の名前があるみたいです。
なんだか不自然な気がします。
やはり日本人は日本語のじゃないと・・・
私は日本人としてのプライドが高いので!?絶対英語のニックネームは要らないし
子供にも付けません。
さなえ |  2007.08.18(Sat) 21:11 |  URL |  【コメント編集】

★同感です

ニュージーランドでもそうなんですね。

日本人名にプラスして英語名のニックネームが要らないというのは同感です。名前を二つ持つというのはシックリきませんよね。
だ~@バイリンガル子育て中 |  2007.08.18(Sat) 23:55 |  URL |  【コメント編集】

私もNZで語学学校に行ったり、働いていた頃に同じように日本人以外の他のアジア人には英語名があるのに驚きました。その顔で○○○かよ!と思った事もよくありましたし、同じ漢字を使う日本人には本名の方が発音しやすかったりしましたね。

私も自分自身、英語名を使用する事に違和感を覚えるので自信を持って日本名を名乗っています。アジア顔の娘にも英語名をつけるのに抵抗があったので、娘の名前はもろ日本名(戸籍上も私の姓を残しているので正しく日本人名)です。しかも、旦那の「ミドルネームは必要ない!」という意見で英語名のミドルネームさえありません。

日本人名だと英語圏でも通用するような名前が多い(ケン、ジョウ、リサ、メグ等々)というのも日本人が英語名をつけない理由の一つかもと思ったりしています。

愛ちゃんママ |  2007.08.19(Sun) 14:38 |  URL |  【コメント編集】

★名前は難しい

愛ちゃんママ、コメントありがとうございます。

名前というのは非常に難しいですね。日本人名で実は外国から入ってきた名前で既に日本語化しているものもあるのは事実です。

マリアとかナオミとか・・・

時代とともに名前も変わっていきますしね。ただ、本名と英語名というダブルで名前を持つのは不思議な現象ですよね。
だ~@バイリンガル子育て中 |  2007.08.19(Sun) 20:08 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。