2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

2007.09.24 (Mon)

Put yourself in other's shoes. 誰かの靴の中に入る?

バイリンガル子育てをしていて難しいことは山積しているのですが、やはり親として子供をしつけるときなどは、なかなか難しいものがあります。息子も6歳になり、いろんな物事の分別がつくようになってくると、逆に、怒ったり、意地悪したりといった感情があらわになることも多くなってきます。

そんな時、「相手の気持ちになって考えろ!」というときの英語の決まり文句があります。

Put yourself in other's shoes.

自分自身を相手の靴の中にいれてみる。なんか不思議な表現ですが、相手の目線(靴の中は目線ではないですが・・・)にたって考えてみろ!ということだと思います。この文の「yourself」や「other's」をいろんな人に換えて使うと、様々な場面で応用が利きます。

例えば、

・Put yourself in my shoes. =>僕の身にもなってみろ!
・Put yourself in their shoes =>あいつらの気持ちになってやれ!


前置詞などは「in」であったり「into」であったり、いろんなケースがありますが、大枠は自分自身を相手の靴に入れるということ。靴がベースの文化である欧米ならではの表現ですよね。って、こういわれて、本当に他人の靴をはく人はいないと思いますが、日本語からはなかかな出てこない言い回しです。

フリーのウェブディクショナリーには、下記のような定義と例文がありましたので、二つほど引用しておきます。やっぱり英語は難しいですね。

shoe: Position; status: You would understand my decision if you put yourself in my shoes.


in someone's shoes: having the same experience as someone else. If I put myself in their shoes, I think I would have done just what they did. You're not alone ? lots of people are in your shoes, looking for work.

スポンサーサイト

テーマ :  英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

タグ : 英語 福井 バイリンガル 日本語 子育て 前置詞

EDIT  |  00:31  |  なるほど英語表現  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。