FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2006.11.22 (Wed)

ビジネスマナーと上座、下座

仕事の関係で普段身内用にしか使っていない雑然とした会議室で、色々な会社の社長さんを集めて会議をすることになりました。社長さんばかりなので、普段は外の会議室を借りたり、ホテルを借りたりということが多かったのですが、今回は自分の会社の会議室。

座席順はいつも決まっているのですが、困ったのが、その部屋、どこが上座かということです。
会議室を管理している担当に聞いても、「そんなの決まっていないし、知らない」と言われ、同僚に聞いても「??」。ん、、、

普通は入り口から一番遠い場所から上座というのが鉄則なのですが、その会議室、横長でしかもその側面に学校の教室のように出入り口が2ヶ所。(ちょうど、下記の図のような状態です。)
会議室の配置、上座、下座


私は、昔、絵が飾ってあるところが上座になるとマナーの本で読んだことがあり、かつ、職場でもそのようなことを他の人から聞いたこがあったので、迷わず絵画の方を上座にして配席したのですが、気になったのでネットで検索。

すると、色々と出てきました。

■「窓がある場合、見通しのよい景色が見える側の席が上座」説
この会議室、大きな窓があり、大変見晴らしがいいのですが、この説に従うと、入口から一番近い席が上座になってしまいます。

■「絵画が飾ってある場合、その絵が良く見える席が上座」説
この説だと、私がセットした座席とは反対の場所が上座になります。私のセットした座席だと上座からは絵は見えませんから・・・

そのほか、色々あったのですが、書かれている論者によって根拠は様々。結局のところ、もてなしの心が大切とあったのですが・・・

会議の方は、私のセットした座席で文句なく終了したのですが、実際のところどうだったかは良くわかりません。マナーの難しさは、お互いルールとして同じことを認識している必要があるということです。一方がマナーと思ってしたことが、相手が違う認識を持っているために、マナー違反に映ることもあるはずです。(意外と知られていないのは、車の乗り方。運転手付きと自分で運転する場合とでは上座の位置が変わるという説が一般的。)

その究極が国際会議やビジネスなどでのマナーです。

それを回避するために、国際プロトコールといって、そのようなことをあらかじめ相互に決めたルールもあるようですが、それでも違いは出るそうで、マナーは難しいですね。
スポンサーサイト

タグ : マナー 上座 下座 ビジネス

EDIT  |  22:18  |  お父さんの独り言  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク ブログランキング にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ<<読んだら押してね!
英語上達への近道→英脳人間への道

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |